小水瀬島を一周してきました。船釣りは二兎追う者は一兎も得ずでした。・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 天気も良かったので、久しぶりに大水瀬島・小水瀬島まで加奈丸Ⅱで行ってみました。狙いはタイラバとジグによるマダイとハマチです。今回はサビキを持っていきませんでした。少し釣れないとすぐにサビキ釣りに頼るためにこれを封印しての釣行です。
午前7時過ぎに椋野漁港を出港して約1時間近くで小水瀬島に到着しました。
P7203188.JPG
小水瀬島です。最初はタイラバです。潮の流れがかなりあったので、水深70メートル前後を120号のを使用しました。かなり流されますが、魚探には、いい反応が出ています。3流し目に当たりがあり釣り上げたのはアジでした。出だしは好調です。しかし、この後が行けませんでした。大水瀬島との間にナブラができるようになりました。
P7203187.JPG
すぐにジグを用意してナブラを目指しました。かなり大きなナブラです。ジグを何回か投げましたが釣り上げることが出来ませんだした。ジグを取り換えているとナブラが消えていました。そして再びタイラバを始めると数回落としているとまた、近くでナブラが出来ます。急いでタイラバを巻き上げて加奈丸Ⅱを走らせます。しかし近くまで行くと消えてしまいます。その近くでジグを投げてみますがダメでした。すると近くでまたナブラが出ます。こういうことを10数回繰り返しましたが、全然釣ることが出来ません。ジグの大きさが合ったいないのか。今回はマイクロジグしたもっていかなかったので、ナブラを狙うしかありません。散々ナブラを追い続けて釣果はありません。さすがにあきらめてタイラバを再開しました。そうすると5流し目に当たりが来て手のひら級のマダイが釣れました。しかし、あざ笑うかのように今度は加奈丸Ⅱの近くに出ます。ジグが届くかどうかの微妙は位置です。慌ててタイラバを巻き上げてジグを投げます。微妙に届きませんが頑張って投げてみましたがダメでした。それからは、タイラバを落としてしばらく釣っているとまた、ナブラが加奈丸Ⅱの近くに出ます。今度は、ジグの届く位置です。慌てて再度タイラバを巻き上げてジグを投げます。しかし、ジグには全く当たりがありません。それからも、私をからかうようにタイラバを落とすとナブラが出ます。ナブラを無視しようとすると加奈丸Ⅱ周りにナブラが出ます。こういう状態が2時間くらい続いた後でナブラは全くでなくなりました。そうするとタイラバにもポツポツあった当たりが無くなったので、気分転換に始めてきた小水瀬島を一周してみました。
P7203191.JPG
P7203192.JPG
四国側には灯台がありました。
P7203189.JPG
P7203190.JPG
小水瀬島の近くに遊漁船が2隻粘っていましたので近くで釣ってみようと思いましたが、潮流の流れが速く、また、複雑なので近くには寄れませんでした。午後1時すぐに釣りを切り上げて椋野漁港に帰りました。
今回の釣果は、
P7203194.JPG
手のひらのマダイが2匹とアジが1匹の合計3匹でした。
今回は、サビキを封印しての釣行でしたが、タイラバとジグでの釣行でしたが、結局ナブラに振り回されて二兎追う者は一兎も得ずでした。
加奈丸Ⅱでの釣行の釣り方を考えさせられました。次回頑張ります。



もし良ければクリックしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント