釣楽リモコンとオートパイロットの操作に慣れるために加奈丸Ⅱで船釣りに行きましたが、釣果はダメでした・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 先日来から加奈丸Ⅱに釣楽リモコンとオートパイロットの艤装をしていましたが、艤装が終わったので昨日操作練習を兼ねて船釣りに行ってきました。午前7時過ぎに椋野漁港を出港し、沖に出て他船がいない所で操作マニュアルを見ながら釣楽リモコンの操作の練習をしました。手動、遠隔、自動、航行の操作ボタンがありますが、航行以外の操作を1時間ばかり繰り返して練習しました。
P6283163.JPG
操作の切り替えは、右下のボタンを押すと切り替わります。航行の操作については、マニュアルを読んでみたのですがよくわからないので、火曜日にフルノの営業の方がマリンに来るのでその際に、GPSとの連動の仕方について教えてもらうことにしています。
次に、バイトをしている前島航路の定期船が前島に来ない時間を使って前島漁港の渡船の桟橋で離着岸の練習をしましたが、遠隔でのリモコンの操作が中々うまくいかず、しばらくは、手動による離着岸をした方がよさそうです。最初からうまくいくはずもないです。しかい、ここで問題が出ました。今までは2か所操船だったのでデッキから離着岸の操船していましたが、デッキの操舵装置を釣楽リモコンを取り付けるために撤去したので、キャビン内の操舵席での操船となり係留まで少し時間がかかります。西風が強い日が少し心配になりました。両方の操作を2時間くらい練習した後で、船釣りをすることにしました。今日は、大島大橋の周りの近場で操船の練習を兼ねた船釣りです。
P6283160.JPG
P6283161.JPG
神代沖に船団が出来ていたので行ってみました。船の間隔があまり広くないので、まだ操船の練習をしている釣楽リモコンでの釣りは危険と判断してここでの釣りを止めにしました。早く操作に慣れて船団の中でも釣りが出来るようにしたいものです。
船のほとんどいない、椋野の西の鼻沖のポイントで船釣りを始めました。
P6283164.JPG
カサゴ、メバル、アジを狙ってサビキを用意しましたが、撒き餌を買ってこなかったので釣果の方はあまり期待できません。そう、今回は釣樂リモコンとオートパイロットの練習がメインですからね。ポイントの上でまず船首を風上に向けます。そこでオートパイロットの操作モードを自動に切り替えて最初に釣楽リモコンの一番上のエンジンの稼働時間を決めます。時間は、前進、後進共に30秒くらいまでの間で決めます。
P6243155.JPG
次に真ん中のダイヤルを回してエンジンの中立時間を決めます。これも30秒くらいまで間で決めます。両方のつまみを調整してポイントから離れないようにします。船首は、ある程度方向がずれるとオートパイロットが自動で調整してくらます。
すべてをセットして釣りを開始しました。例によって魚探には、反応が出ていますが魚がサビキに全くついつきません。サビキの針に何個か小さいワームをつけて釣りを再開しましたが、魚からの引きはあるものの釣り上げることが出来ません。船の方はセットした時間が来るとエンジンギアが入ったり止まったり頻繁にします。この操作の繰り返しでポイント近くに留まり続けます。少しうるさいくらいですが、今までの自分でしていた操作よりも的確で船首もしっかり固定されいいるので、自分でしていた煩雑な操作がない分少しゆとりを持って船釣りが出来ます。後は、釣楽リモコンの時間の調整が潮の流れや風の強さによりリモコンのダイヤル調整をマスターすることですね。サビキでカサゴとメバルが少し釣れました。次にタイラバを試してみましたがこちらは全然ダメでした。午後1時すぎ椋野漁港に帰港しました。結局今日の釣果は、
P6283165.JPG
カサゴが3匹とメバルが1匹の4匹でした。今日は、釣楽リモコンとオートパイロットの操作練習と割り切って早がりしました。次回は、撒き餌を用意してアジ釣りに行ってみようと思います。



もし良ければクリックしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント