広島のHIGASIさんと大水瀬島周辺のメバルポイントを捜しに行きました。結果は( ^ω^)・・・ですね。

 風も弱く波も高くなかったので、広島のHIGASAIさんと大水瀬島まで加奈丸Ⅱでメバルポイントを捜しに行きました。加奈丸Ⅱに乗り換えて初めての釣り仲間との釣行です。期待に胸を膨らませながら午前7時に椋野漁港を出港しました。大水瀬島の実績のあるポイントまで1時間で到着しました。早速二人ともメバルサビキを用意して釣りを開始しました。
P3122926.JPG
洲首崎の沖合いです。前回来たときはメバルの入れ食い状態でしたが、今回は食いが渋くぽつりぽつりとしか釣れません。イソベラはよく釣れるのですが、メバルはどこに行ったのでしょうか。それでも時々いいサイズのメバルが釣れるのでしばらく粘ってみました。そして釣れなくなったので場所を変えてみました。次に向かったのは、小水瀬島との間の海峡筋の磯に行ってみました。
P3122928.JPG
小水瀬島の海峡は潮の流れが速く何隻ものジギング船が青物を狙っていました。私たちは、大水瀬島の近くの磯場でメバル釣りを再開しました。
P3122929.JPG
潮の流れが速かったですが、メバルは釣れ始めました。大きさは手のひらサイズから放流サイズまで様々ですが、流し変えるたびに釣れるので飽きることなくメバルを釣ることが出来ました。しかし、釣れる時合いはそんなに長くありませんでした。でもここでメバルの数を稼ぐことが出来ました。満潮の潮どまりで全然釣れなくなりました。ここでもう一か所大水瀬島の磯を攻めてみましたが、ここは小さいメバルしか釣れませんでした。今回はメバルの釣れる場所を探すのが目的の一つなのでここで大きく場所を変えて平郡島の赤崎に行ってみました。
P3122934.JPG
赤崎では、メバルは釣れるのですが、引き潮の流れが速くあっという間にポイントと通り過ぎてしまいます。それでもぽつぽつ釣れていましたが、底潮が早くなり釣りがしにくくなったので、井森工業の作業場の前のポイントに行ってみました。
P3122935.JPG
ここも潮の流れが速く釣りにくかったですが、メバルを10匹くらい追加してここを諦めて最後に蛇が池のポイントに行ってみました。
蛇が池のポイントでも潮の流れがありましたが、時々型のいいメバルが釣れるので少し粘ってみました。そろそろ船釣りを切りあげようかと思ったらHIGASIさんが今日一番の大きいメバルを釣り上げました。
P3122942.JPG
この中の一番でかいやつです。サイズを測るのを忘れていましたが立派なメバルでした。その後の流しで私も大きいメバルを釣り上げましたが、サイズでは勝てませんでした。
P3122943.JPG
違いが一目でわかりますね。午後3時前に釣りを切り上げて椋野漁港に帰りました。
今日の釣果は、HIGASAIさんと2人で
P3122941.JPG
P3122940.JPG
P3122939.JPG
P3122938.JPG
P3122937.JPG
P3122936.JPG
メバルが70匹とホゴメバルが2匹とチダイが2匹とイソベラが15匹の89匹でした。イソベラは、HIGASIさんが持ち帰るとキープしたものです。私の釣ったものは海に帰ってもらいました。また、小さいメバルも海に返しました。
今回は、大水瀬島でのメバルポイントを見つけることでしたが、新しいポイントが2カ所見つけることが出来ました。
HIGASAIさんまた、一緒に加奈丸Ⅱで船釣りに行きましょう。



もし良ければクリックしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント